SEOコラム

“nofollow”属性の活用シーン!!

 

こんにちは!
先日、某部長がいきなり「なんで師走なんだー!師走は嫌だー!」なんて
叫んでいるのを聞いてしまいました。
そろそろ2012年も終わりだなぁっと思ったミアです。

そんな某部長に嫌われてしまった師走。
師走という語源は、法師(お坊さん)が年末に各家で経を読むために
馳せ走る「師馳月(しはせつき)」が由来だそうです。

さて、前回は”nofollow”属性の使い方と考え方についてご説明しました。
今回は、”nofollow”属性の活用シーンについてお話しいたします。


■活用シーン① 評価したくない・信頼できないサイトへのリンク

リンクを張るという行為は、そのリンク先を評価しているという意味にも
捉えることができます。
ですが、スパムサイトなどの注意を呼び掛けるために、そのスパムサイト
のリンクを張らなければならない時があるかもしれません。

そんな時は”nofollow”属性を使ってみましょう!!

例:<a href=”スパムサイトURL” rel=”nofollow”>このサイトは
登録するとスパムメールが届くので要注意</a>

また、ブログや掲示板などは宣伝目的のスパムによって、URLリンク付きの
コメントやトラックバックを残されていく事が多いため、コメントやトラックバックには、
自動的にnofollowが付くようなシステムにしておきましょう。
(現在、大多数のブログはコメント欄へのrel=”nofollow”属性の付与が標準機能
となっています。)


■活用シーン② 有料広告

サイトの実力や信用や関連性の指標となる自然発生的なリンクによって
サイト(ページ)を評価しようとしている検索エンジンのガイドラインは、
お金で評価を買う事が目的の有料リンクを禁じています。
ただし、その有料リンクが検索順位に影響を与えないようrel=”nofollow” 属性を
<a> タグに追加してリンクを張った場合はガイドラインに準拠したリンクになります。


■活用シーン③ クロールさせる優先順位

検索エンジンロボットはメンバーとしてログインや会員登録することはできません。
ということは、検索エンジンロボットは『登録画面』や『ログイン』ページなどを
辿る必要はありませんよね。
辿る必要のないページ・辿りようがないページは、前もってrel=”nofollow”属性
付けておくことで、検索エンジンロボットが巡回しやすいサイトとなります。

例:検索エンジンロボットはIDやパスワードを入力・ログインしたり、
クレジットカードで買い物などはしない。
よって、コンテンツ管理システムの
管理者ログイン画面やショッピング
カートの注文フォームへのリンク等はrel=”nofollow”属性を使用する。

今回はここまでです!
これらの内容を踏まえて、コメントスパム対策や検索エンジンロボットが
巡回しやすいサイト設計などに”nofollow”属性をうまく活用してくださいね!