SEOコラム

SEOのさまざまな情報を丁寧ににわかりやすくご紹介。

身分証明書!? 作成者の本人確認がとれたサイトが上位にくる!かも・・。

すっかり春ですねー!!暖かくて桜も咲いて、春休みがあった頃が懐かしいしーふーです。

だいぶ前の話題ですが、『作成者の本人確認がとれたコンテンツが上位表示されるようになる!?』というのを聞いたので、今日はこの話題でいきたいと思います。
米Googleの会長である、エリック・シュミット氏の著書(出版予定)の中に、

Search engines: “Within search results, information tied to verified online profiles will be ranked higher than content without such verification, which will result in most users naturally clicking on the top (verified) results. The true cost of remaining anonymous, then, might be irrelevance.

上記のような記述があるそうです。もちろん英語なのですが、

・作った人の本人確認がとれたコンテンツをより高く評価するよ。
・素性を明かさずにコンテンツを公開することはおすすめしないな。

とかゆう様なことを述べております。
こう言われると、早く設定しなきゃ!って気分になりますが、現時点ではサイトの著作情報が検索結果に大きな影響を及ぼすことはないといわれております。
近い時期にgoogleのアルゴリズムに著者情報の評価が取り入れられるのか、だとしたらどのくらいの重みなのか・・??それははっきりとは分かりませんが、これを機に著者情報の登録方法をご紹介します。
まず、google+のプロフィール設定が必要です。
https://plus.google.com/
無料でできます。そのあとは簡単!

(1)ご自身のGoogle+のプロフィールURLを指定した rel=“author” link要素をheadセクションに記述
(2)Google+のプロフィールに自分のサイトのURLを登録

これだけです。簡単!!設置が完了すると、検索結果に著者の顔写真とプロフィールが表示されます。
こんな感じ↓ちょっと恥ずかしいかもしれません。

検索結果画面

繰り返しますが、現時点では著作情報が上位表示に影響を与えるか、はっきりした事は分かりません。 ですが、いずれにせよ著作情報を設定することは、良質なコンテンツを作ることと同じようにユーザーからの認知度と信頼度の向上につながります。もし可能なら登録してみるのもいいかも!です!! では!!!

魅力的なコンテンツを作る為に

こんにちは!よっぴーです!
早く春になってほしいと心から祈っているよっぴーです。
寒い冬は心が折れやすいのです…乙女です。BBAじゃないです( ゚д゚ )クワッ

魅力的なコンテンツ

今回は【魅力的なコンテンツ】について。
以前ひとみんの「SEOもプレゼントも中身重視よ!」
コンテンツは非常に大事という話をご紹介しました。
マーシーの「お家もサイトも引越しするなら整理とお知らせをちゃんとしよう!」でも
「各ページ、コンテンツの内容を充実させよう!」という話が出てましたね^^

でも書くこと思いつかないし何作ればいいか分からない!
という方へ向けて、
魅力的なコンテンツ、テーマを作るポイントをご紹介します♪

続きを読む

2012年をふりかえって

お久しぶりです。おつゆです!
今年も残すところわずかとなってきました。
年末年始はいかがお過ごしでしょうか。
私は、昨日丁度母から『1/2は家族でカラオケに行くことになりました』というメールを貰い、
相変わらず我が家の元気っぷりと仲の良さにほっこりしていました( *´∇`) 

さて今回は、2012年にGMO TECHが提供しましたサービスについて振り返ってみたいと思います。

続きを読む

Google Analyticsの次世代サービス「ユニバーサルアナリティクス」

ご無沙汰しております。今シーズンのプロ野球ストーブリーグに注目し過ぎて、気が休まらないメグミルクです。
今年は贔屓の選手の現役引退が発表され、世代交代をひしと感じながら、感傷的になっていますが、次世代選手の活躍を祈りつつ、Googleの次世代解析サービスに注目しております。

今回は、最近続々アナウンスされているGoogle Analyticsの新機能をご紹介します。

2012年10月、Googleは「Google Analytics Summit 2012」で“ユニバーサルアナリティクス”を発表しました。ユニバーサルアナリティクスは、複数デバイスのデータを統合して解析ができる、次世代の解析サービスです。

サイトに訪問、コンバージョンするユーザーは、様々なデバイスを経由しています。
これまでのアクセス解析は、デバイスごと、チャネルごとでしかデータを見ることができませんでしたが、このユニバーサルアナリティクスは、デバイスやチャネルごとのデータを統合し、マーケット全体を俯瞰して見ることができるのです。

これぞ次世代!ユニバーサルアナリティクスの新機能。合言葉は「一元化」(・∀・)

①異なるデバイスやチャネル間のデータを結合できる!
PC、スマホ、タブレットなど、解析したい全てのデジタルデバイスから、アナリティクスのアカウントにデータを送信できるようになります。
PC版サイトの他に、スマホ、タブレット、ゲーム機など多様化する全てのデバイスのデータを一元化して解析できるのです!

②O2Oのデータが一元化できる!
オンライン・オフラインを問わず、顧客の様々なアクションをデータとしてトラッキングできます。
電話での問い合わせ、実店舗への来店など、今までwebではカバーできなかったデータも一元管理できます!

③独自のディメンションと指標を定義できる!
ディメンションの拡張機能によって、顧客の年齢、性別などのCRM情報をアナリティクスに組み込むことができます。
広告キャンペーンの費用なども組み込めるので、ROIを一元管理できます!

④モバイルアプリ解析もできる!
モバイルアプリ固有の使用状況データを分析できます!

結局、何がすごいの?(?o?)

こんな事例をご紹介します。

神奈川県/会社員(女性)29歳 星子さんが某男性アイドルグループのDVDを購入したケース

通勤途中の電車でスマホをいじる星子さん。
ブラウザから、好きなアイドルグループ「関シャリ8 DVD」と検索し、
リスティング広告枠に表示されたECサイト「amason」をクリックしました。

星子(あ!去年行けなかったライブのDVDがディスカウントされてるわ!買おうかな~迷うな~。)



悩みながらレビューを見ているうちに降車駅に到着してしまいました。
その日、終電まで仕事をしてヘトヘトの星子さんは、帰宅後に自宅のパソコンを開きました。

ブラウザを開き、「amason」と検索。オーガニック検索からamasonサイトに訪問し、サイト内検索で「間シャニ8」と検索。検索結果の中から、お目当ての商品を見つけ、購入に至りました。



このように、異なるデバイスを使って購入(コンバージョン)に至った取引についても、ユニバーサルアナリティクスのサービスなら、一元化して分析することができるのです!

上記の取引の場合、流入データとしては、UU=1、セッション=2、トランザクション=1となり、リスティング広告から流入し、一度離脱した再訪問のユーザーだと言うことまで分析できるようになるのです。

さまざまなwebプロモーションを実施しても、純粋な貢献度が測定できているのか不安な面もありましたが、このユニバーサルアナリティクスを導入すれば、より明確な効果測定ができそうですね!

※なお、記事の内容は、ユニバーサルアナリティクスのアナウンス情報に基づき、「こんなことが実現可能になるかもよ」という概念的な説明になっておりますので、実際リリースされるサービス内容と異なる可能性もございます。ご了承下さい。

どれがfacebook広告でどれがfacebookの記事なのか教えて!

こんにちは。 オネエ系を目指してみたら?と先輩にそそのかされ、
傷んだ髪を修復するべく1年待ってから念願のパーマをあててみたら
予想と全く違う結果になってぼんやりしているかなちゅーです。

誰がムッシュかまやつや!(# ゚Д゚)

(´ェ`)メエェェ

ということで、前回facebook広告の話を書いたところ 予想以上の反響がありましたので
また調子にのってfacebook広告について書いてみたいと思います。

寝る間を惜しんでfacebookを見ている方々は既にお気づきかと思いますが、
だれだれがいいねといっていますとかなんとかかんとか、
これ何なんだろう?とお思いの方も多いでしょう。

ええ、私がそのひとりです。
なのでコントロールできる箇所、つまりお金を出して広告を掲載できる枠とで できない枠をまとめてみたいと思います。

続きを読む