IPv6とは?

「IPv6」とは、IPアドレスの新しい規格のことを意味します。

現在、一般的に利用されているIPアドレスは、「IPv4」といいます。利用できる最大のアドレス数は43億個ありますが、現状、在庫が少なくなっており、「IPv4」アドレスの枯渇問題が懸念されてきました。

そこで、新しい規格「IPv6」が作られ、2012年6月6日に、世界中で「IPv6」への移行の取り組みが実装されています。「IPv6」では340澗個のアドレスを利用することができ、今後、安定的にインターネットを利用できるようになります。

このページの先頭へ戻る