米Googleが「Blogger」と「Google+ページ」のデータエクスポート機能を提供開始

2013年2月18日

米Googleは2月14日、「Google Takeoutページ」から、Googleのブログサービス「Blogger」と、 SNSサービス「Google+ページ」のデータエクスポート機能の提供を開始しました。
「Blogger」でエクスポートされる「Atom XMLファイル」は「zipファイル」にまとめられおり、 準備ができるとメールで通知してくれるそうです。


「Google+ページ」のエクスポートデータは、全投稿が「HTMLファイル」にまとめてアーカイブされ、サークルとアクティビティーは「JSONファイル」としてアーカイブされるとのことです。


「Google Takeout」では、すでに多数のGoogleサービス(YouTubeやGoogleドライブなど)のデータエクスポート機能が提供されていますが、ユーザーの多いGmailのエクスポートはまだ提供されていません。

元の記事へ

このページの先頭へ戻る