米Yahoo!、サイト管理者向けツールSite Explorer閉鎖を正式発表

2011年11月21日

米Yahoo!は2011年11月18日、サイト管理者向けに提供していた検索エンジンの掲載状況を把握するツール・Yahoo! Site Explorerを11月21日でサービス終了すると発表した。

Yahoo! Site Explorerは2005年9月末にリリースされたサービス(日本版は2008年5月)で、Yahoo!インデックス(当時)掲載状況を把握するためのツールとして無料で提供されてきた。インデックスされたページ数や、自分のサイトに張られているリンク(バックリンク)データを取得できることから長年多くのユーザーに利用されてきた。しかし、Yahoo!が検索事業でMicrosoftと提携することを決定し、バックエンド検索技術をBingに一本化したことに伴い、2011年後半にSite Explorerの提供を終了することが決定されていた。

今後、米Yahoo!オーガニック検索のデータについて参照したい場合は、Bing Webmaster Toolsを利用する必要がある。なお、Site Explorerが提供してきたバックリンク参照機能はBingでは利用できない。

元の記事へ

このページの先頭へ戻る