ユーザーエージェントでiPhoneやAndroidを見分ける方法はありますか?

2013年2月8日

スマートフォンのユーザーエージェントも、機種やブラウザ、
OSのバージョンなどの情報が含まれているため、それぞれの端末を
判別することができます。

まずiPhoneシリーズのユーザーエージェントは、『iPhone』という文字列が
含まれており、容易に識別が可能です。

■iPhone ユーザーエージェント例
 Mozilla/5.0 (iPhone Simulator; U; CPU iPhone OS 4_0 like Mac OS X; en-us)
 AppleWebKit/532.9 (KHTML, like Gecko) Version/4.0.5 Mobile/8A293Safari/
 6531.22.7

次にAndroidにつきまして、携帯端末とタブレット端末の2種類があり、
ユーザーエージェントは以下の通りです。

■Android 携帯端末ユーザーエージェント例
 Android OS 4.xのUA:Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.0.1; ja-jp;
 Galaxy Nexus Build/ITL41D)AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko)
 Version/4.0 Mobile Safari/534.30

■Android タブレット端末ユーザーエージェント例
 Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 3.2; ja-jp; Sony Tablet S Build/THMAS11002)
 AppleWebKit/534.13 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Safari/534.13

上記の例にてお分かりいただけるように、
・Android携帯端末のユーザーエージェント文字列:『android』と『mobile』
・Androidタブレット端末のユーザーエージェント文字列:『android』のみ
で両者の識別が可能となります。

よって、Androidのユーザーエージェントにつきましては、『android』という
文字列以外に『mobile』という文字列もあわせて検出することを
おすすめいたします。

このページの先頭へ戻る